そもそも坐骨神経痛とは?

なかなか治らない坐骨神経痛。

もう長年、坐骨神経痛で悩んでいる人も多いと思います。

でも、坐骨神経痛って大変にも関わらず、症状が軽い場合放っておいてしまっている人も多いのが現状。

坐骨神経痛は放っておいて治るものではありません。

まずは、坐骨神経痛について詳しく知って、治すことを考えませんか?そもそも坐骨神経痛とは、お尻から太ももの裏、すね、ふくらはぎにかけてあらわれる痛みやしびれのことを言います。

ひどくなると、麻痺状態になってしまう人もいます。

坐骨神経というのは、腰から足の先まで伸びている神経で、この坐骨神経が正常に働くことで、脳からの指令を足に伝え、歩いたり身体を支えたりしているというとっても重要な神経なんです。

だからこそ、坐骨神経痛を放っておいて症状が悪化した場合、歩くのさえ困難になってしまうのです。

坐骨神経痛かな?と思ったら、早めの治療が大切です。